ドラッグひかりグループ
会社案内 店舗案内 ドラッグひかりお勧め商品のご案内 人事採用情報のご案内 お問合せ先は HOME
ビタミンの基礎
【脂溶性ビタミン】
 
■ビタミンA(ベータカロチン)とは
 ビタミンAは動物性食品に含まれているレチノールのことです。植物性食品に含まれているカロチンは体内でビタミンAに変わることが知られており、これもビタミンAに含みます。ビタミンAが不足すると角膜乾燥、夜盲症、発育不全、皮膚トラブルなどがおきやすくなります。
 
■ビタミンDとは
 ビタミンDは骨や歯の健康を保つために欠かせないビタミンです。カルシウムの吸収、骨での沈着・溶出などの促進を行います。カルシウム以外の作用としてはがん細胞の増殖を抑えたり、免疫調節の機能があるといわれます。
 
■ビタミンEとは
 ビタミンEは特に高い抗酸化作用を持っています。ビタミンEはフリーラジカルの発生を防ぎ、抗老化に効果があるとされます。ビタミンEはコレステロールの酸化を予防する働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞の危険を予防する働きがあります。ビタミンEは生殖ホルモンの代謝と関わりが深く、妊娠を促すたんぱく質の生成を促したりします。血液の流れをスムーズにするので冷え性や肩こりに効果があります。
 
【水溶性ビタミン】
 
■ビタミンBとは
 ビタミンB1はブドウ糖がエネルギーに変わるのを助ける働きをします。また疲労物質である乳酸をエネルギーに変える働きがあるので疲労回復にも効果があります。また記憶力と思考力にも重要な働きをしています。
 
■ビタミンB2とは
 ビタミンB2は脂質を分解してエネルギーを生成します。皮膚や粘膜を健康に保ったり、肌、髪、つめを美しく保つ効果があります。
 
■ナイアシン(ビタミンB3)とは
 ナイアシンは体に最も多く存在しているビタミンです。ナイアシンはエネルギーの生成とコレステロールの代謝に重要です。肌荒れ・口内炎を緩和する働きがあります。脳神経の働きを高める効果もあります。アルコールの分解を助ける働きもあります。
 
■ビタミンBとは
 ビタミンB6はたんぱく質(アミノ酸)の代謝を促します。神経の刺激伝達物質のアミノ酸の生成を促します。免疫力を高め、アレルギー予防の働きもあります。ビタミンB6が不足すると皮膚や粘膜の炎症を起こしたり、手足のしびれを引き起こす場合もあります。
 
■ビタミンB12とは
 ビタミンB12はDNAや赤血球の生成を助け、貧血の予防に効果があります。神経の機能維持にも関与しており、肩こりや腰痛の緩和などにも効果があります。神経細胞の合成や修復を行う働きがあります。
 
■葉酸とは
 葉酸はビタミンBの一種で、たんぱく質やDNAの合成に欠かせないビタミンです。妊娠中の女性は胎児の成長に欠かせないため重要です。葉酸が不足すると、消化器系の粘膜にダメージを与えます。
■ビオチン(ビタミンB)とは
ビオチンは腸内細菌によって産生されるビタミンBの一種です。ビオチンは皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ働きがあります。皮膚疾患で代表的なアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の補助治療にもビオチンが使用されています。
ビオチン(ビタミンB7)
・脱毛を予防し、健康的な毛髪をつくる
・皮膚の機能を正常に保ち、美しい肌をつくる
・アトピー性皮膚炎や掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう)の改善
●ビオチンは、女優の奈美悦子さんが「一生治りません」と宣告された病気が、 ビオチンを服用した事で治り有名になりました。
*病名:掌蹠膿疱症による骨関節炎・・手のひらに膿庖が出現し、次第に左鎖骨の下、背中、首、関節、腰と痛みが移動し、呼吸をしたり、寝ていて激痛が走る病気。
 

■ビタミンCとは

 ビタミンCは強力な抗酸化作用と免疫強化作用を持っています。かぜの予防や、血管・骨を強化する働きがあります。さらに女性にとって重要なコラーゲンの生成を促すため美肌のためにも良いと言われています。またビタミンCには副腎皮質ホルモンの合成を促し抗ストレス作用を高めます。ストレスは血中のビタミンC濃度を低下させるので現代のストレス社会においてはビタミンCは必須な栄養素です。
BION3紹介ページへ

お知らせ
活き生きシニア応援デー
ためてお得ひまわり会員様募集中!
ポイントサービスデー
メール会員募集中!
トップページへGO!